Flowers

ビジョン

箸で「わくわく」をつくる!

マツ勘は、若狭塗を起源とした塗箸の一大生産地福井県小浜市から、箸を通して「わくわく」をつくる箸メーカーです。

1922年の創業から、小浜市北塩屋の地で、
箸一筋100年を迎えました。

つかう人の「わくわく」
つくる人の「わくわく」
はたらく人の「わくわく」
まちの「わくわく」

日本の食卓に欠かせない“箸”の可能性を追求し、
常に変化する暮らしの「わくわく」をつくり続けます。

産地について

塗箸の産地、小浜

日本海唯一のリアス式海岸に面し、豊富な食材に恵まれた福井県小浜市は、古来から朝廷の食を支えた御食国でもあります。江戸時代から約400年に渡り継承されている伝統工芸「若狭塗」は、その美しく豊かな若狭湾の海底の様子を図案化し、生み出されました。
時代の変化と共に、若狭塗は武士や商人の贅沢品から、堅固さと、見た目の美しさという二つの特徴を活かした塗箸へと姿を変えて受け継がれています。現在、小浜で生産される塗箸は国内生産の7割以上。箸産業は小浜の基幹産業の一つとなっています。

VIEW MORE

会社概要

会社概要

社名
株式会社 マツ勘
MATSUKAN.CO.,LTD.
代表取締役
松本 啓典
本社所在地
〒917-8584 福井県小浜市北塩屋16-5
GOOGLE MAP
連絡先
TEL
0770-52-5151(代表)
FAX
0770-53-0523

MAIL
info@matsukan.com

URL
https://www.hashikura1922.com/
自社工場
〒917-0035 福井県小浜市口田縄28-1-10
本店
GOSHOEN
GOOGLE MAP
〒917-0002 福井県小浜市北塩屋17-4-1
TEL  0770-64-5403
創業
1922年9月
従業員数
40名
事業内容
塗箸・木箸・竹箸の企画・商品開発・製造販売

歴史・沿革

歴史・沿革

1922年
初代松本鶴之助・きくが創業
1943年
日本海軍の箸製造に従事(組合)
1962年
松本吉次が2代目社長に就任
1967年
株式会社マツ勘に組織変更
1970年
台東区谷中に東京営業所開設
1996年
「箸蔵」商標登録
1998年
本社新社屋完成(無有建築工房 竹原義二氏設計)
2000年
松本喜代司が3代目社長に就任
2009年
三越名古屋店 箸蔵ショップオープン※現在は閉店
2014年
小浜市口名田に箸木地工場を新設
2017年
東京オフィスを日本橋久松町に移転
バイオマス事業として木質ペレットの製造を開始
2019年
書籍「はしははうたう」の出版支援
2021年
松本啓典が第4代社長に就任
本店「GOSHOEN」(旧古河屋別邸(護松園))オープン
2022年
創業100年記念式典開催